2018年06月01日

冬生まれの仔猫たち、みんな幸せに暮らしています

1月生まれのミッチとナナの息子のオー次郎くんママから近況をお知らせいただきました。
オー次郎くんは28万円のキャリーバックに入りお引越しした子です。
元気にグングン成長中。

次郎DSC_0590オー.JPG

オー次郎くんは写真を撮るとほぼカメラ目線をくれる『生まれついてのモデル体質ニャンコ』です。

次郎DSC_0563オー.JPG

ママのことが大好きでずっとママのそばを離れない甘えっ子のようです。

次郎DSC_0580オー.JPG

オー次郎くんの後方に写っているのは、シャルのクッションです。
ゴブラン織りの豪華で素敵なものです。

そんなことを私がどうして知っているかというと、
以前リキとモモの息子のルークくんのママからいただいたポーチ、

DSC_2749.jpg

これがあったからです。
フランス製とのことなのでシャルの本場で作られた商品ですよね。
このふてぶてしくも見える肝の据わった表情は、なるほどフランスのシャルのお顔!(と勝手に納得)。
そしてこの子は多分男の子(と勝手に思い込む)。

オー次郎くんと同じく冬に生まれた仔猫たちでまだお引越し先のご紹介ができていなかった子たちも、
みんな幸せに暮らしています。

はるひベビーの水色ちゃんはマロンちゃんになり国分寺市にお引越ししました。
パパとママとの3人暮らし、かわいい一人娘です。

ナナベビーのピンクちゃんは所沢っ子になりました。
ママと、実は家族で1番の猫好きのママのお兄さんと、おばあさまの仲良し家族の末っ子です。

織姫001.png



同じくナナベビーの黄色くんはオペラくんになり前橋で若いパパと男同士の暮らし!
偶然にもミッチとミクちゃんの息子のニコくんと同じ地域で暮らしていることになります。
そのうえパパが若い子ってトコも一緒。

動物病院で会ったりしてね!

オペラimage1.JPG



ヒロロベビーの黄色くんはルカくんになりました。
茨城っ子です。

ルカimage1.JPG

ルカくんのおうちにはスコティッシュのむぎちゃんがいますが、ルカくんと同じ時期にラグドールちゃんもお迎えしたので毎日おお賑わいのようです。



同じくヒロロベビーの紫くんはノアくんになり、江戸川区で暮らしています。
シャルのお兄ちゃんがいますがすぐに仲良くなれました。

ニンゲンのお兄ちゃんもいて、甲子園常連校の野球部員とのこと。
寮生活でノアくんにはあまり会えないけれど、あったときは思いっきり可愛がってもらおうね!

ノアIMG_0764.jpg



子猫のオーナーさまたち、この子達をどうぞよろしくお願いいたします。





posted by momo at 15:59| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

お薬大作戦


ニャンコが病気になったり怪我や手術をすると、お薬の服用が必要になりますよね。


嫌がらずにお薬を飲んでくれる子なら(そんな子はとっても良い子ですからたくさん褒めてあげてくださいね)問題ないのですが、


お薬を頑固キョヒする子の場合オーナーさんも猫ちゃんも相当のストレスになりますね。



ウチは過去に何度か膀胱炎になり抗生剤の投与が必要だったのですが、


お薬を飲ませるのが本当に大変な子もいて、いろいろと試行錯誤を繰り返してきました。


今のところは次の3つの方法で乗り切ってはいますが、『内服が出来ないため治療を諦める』事態になったらどうしようと本当に怖いです。



それでは3つの方法をお伝えしますが、少しでも参考になれば幸いです。



@の方法:おやつで薬を包み飲ませる。


     ・おやつです。

DSC_2678.jpg


     ・右お薬、左おやつ、上シャルの頭。

DSC_2679.jpg 

    

     ・包む(このおやつは少々ポロポロするので、指に水をつけてギュっとにぎる)。

DSC_2680.jpg

    

    ・残りのおやつも同じように丸にする(これは丸くて硬くておいしいおやつだよ!)。

DSC_2681.jpg


勘の鋭い子は、いきなりこれを出すと「何か嫌な予感・・・」と警戒するかもしれないので、

普段からこの形にしておやつとしてあげていると、うまくいくような気がします。




使ったおやつはオリジンとアカナのトリーツです(ドッグトリーツと表示してありますが猫もまったくOKです)。


DSC_2676.jpg


DSC_2677.jpg


オリジンの『SIX FISH』というトリーツは上の2点よりも よりポロポロしていて水でぬらしても固形になりにくいので、

お薬を包むのは適さないようです(でもおいしいので猫は大好き)。


DSC_2675.jpg












Aの方法:粉薬しかない(錠剤がない)場合

    ・カプセルに粉薬を入れる(カプセルは薬局で入手可)。


DSC_2682.jpg


     ・シリンジの前方をカットした物を用意する。


DSC_2683.jpg

(右がカットしたもの、カットはカッターナイフで)


     ・ヒルズのad缶(これが1番良いと思う)を良くかき混ぜる。

     

     ・シリンジ前方からスプーン等でad缶を詰め、その中にカプセルを入れる。


     ・猫の口を開けシリンジを口中に差し入れ、カプセルとad缶を押し出す。


     ・口を閉じて別のシリンジで水を飲ませ、カプセルとともにゴックンさせる。



Bの方法:@でもAでも家庭ではムリな場合


     ・動物病院で飲ませてもらう。


私も内服のため毎日動物病院に通ったことがあります。

そのときはとても大変でしたが、大切な子のためなので頑張れました。


今まさに愛猫にお薬を飲ませなくてはならない立場のオーナーさん、頑張ってくださいね!





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・おまけ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


サマーカットしたマロンです。

毎年見てるのにまたまた大笑い!!


DSC_2674.jpg







     


続きを読む
posted by momo at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月19日

西武ドーム ガーデニングショー2018

毎年楽しみにしているガーデニングショーに行って来ました。
今日が初日です。
心配していた人出もそれほどではなく、ドームの駐車場に止められました。
お花たちはもちろん元気いっぱい。

DSC_2579.jpg

DSC_2581.jpg

DSC_2602.jpg

DSC_2597.jpg

DSC_2605.jpg

DSC_2600.jpg

展示ガーデンも以前のイギリスっぽかったり南仏っぽかったりばかりではなく、
昭和の日本家屋の庭に咲くバラ、という感じのガーデンも増えてきています。

DSC_2641.jpg

DSC_2636.jpg

でも私はやっぱりイギリスや南仏っぽいのが好きです。
DSC_2627.jpg

壁掛けタイプのハンギングバスケットは、こんな感じのオーソドックスなタイプのほかに

DSC_2656.jpg

こんなかわいいものもありました。

DSC_2652.jpg

DSC_2655.jpg

これが玄関先に飾ってあったらシンセンですね!
(びっくりされるかも?)


今日は、少しでもシンプルな生活をするためにあることを決心しました。
それは『来年からチケットは買うぞ!』ということ。

今までずっとガーデニングショーのチケットは新聞店から貰っていました。
チケットのために3ヶ月そこの新聞をとるので、主人は読みたい新聞を駅で3ヶ月買っていました。
結果紙ごみも新聞代も2倍になっていました。
チケットを貰うよりずっと不経済なことをしているなと感じてはいたのですが、やっと決心したわけです。

もし明日新聞屋さんが「おくさ〜ん、来年の契約頼むよ〜」と来てもキッパリ断わるつもりです。
posted by momo at 00:34| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ランキングに参加してます ポチっとしていただけるとうれしいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ にほんブログ村