2017年08月27日

ルルちゃんのボランティア

今回は、2歳になったジュセッペとユリアの娘のルルちゃんのお話です。

ルルDSC_1041.JPG

ルルちゃんは優しいパパとママとおにいちゃんと、
2匹のニャンコと仲良く暮らしています。

そのルルちゃんが、
今年の春からママと一緒にボランティアを始めました!

どんなボランティアかというと、
「ミルクボランティア」です。
「子猫の自宅預かりボランティア」とも言います。







毎年春になると、行政機関には一週間に数頭〜数十頭の仔猫が収容されます。
このなかには授乳や排泄の補助が必要な離乳前の子猫もいて、
スタッフの手が足りない状況になります。
そこで一頭でも多くの命を救うための活動として「ミルクボランティア」を募っています。

どんなことをするのかというと、
・一日6〜10回の授乳
・排泄の補助
・体重測定
などで、一回に1〜3頭の子猫を預かります。
(以上「NPO法人 犬と猫のためのライフボート」からの抜粋です)








以前TVで「ミルクボランティア」のご夫妻の活動の様子をやっていました。
殺処分から子猫を守るため、かなりの数の子猫を預かっていらして、
夜間の授乳で寝る時間もなく、
また体調を崩した子猫への対応で本当に本当に大変で、
でも、「自分たちがやらないと消えてしまう命があるから・・・」と仰っていて、
胸が苦しくなる思いで番組を見た覚えがあります。

私はドメとミッチを人工飼育した経験しかなく、
そのときも排泄は はるひがすべて助けてくれました。
それでも「あの時はたいへんだったな・・・」と今でも思います。

そんなミルクボランティアを始めたママを手伝って、
ルルちゃんも大活躍しています。

ルルDSC_1001.jpg

ルルDSC_0792.jpg

ルルDSC_0166.jpg

どの子猫ちゃんにも優しく対応しているそうです。
3枚目の写真なんか、オシリ舐めてあげてます!

これまで10匹の乳飲み子を立派に育てたルルちゃんママとルルちゃんに、
心からの拍手を送ります。

子猫たちは元気に育ち、
今は里親さんのおうちで幸せに暮らしているそうです。
ほんとうによかったね!

子猫たちのお世話は大変だけれどやりがいがあり、
成長する姿を見ているのは幸せそのものですが、
やはりグッタリ疲れる日もあるそうです。

そんな時は夜寝る前、
ママとルルちゃんは「お互いよくがんばったね〜!」と労わりあうのだとか。

これからも新たな乳飲み子がママとルルちゃんの下にやってくるのでしょう。
お世話は本当に大変だと思います。
どうぞご無理をなさいませんように・・・。
乳飲み子たちの幸せを陰ながらお祈りしております。




・・・・おまけ・・・・

グー部屋・ジュセ部屋に取り付ける予定のペンキハゲハゲのアンティークドアは、
主人が汗みどろになって頑張って、
ペンキをはがしています。

いろいろ試した結果、
剥離材では無理があるとわかり、
電動サンダー(やすり)と電動グラインダー(削り取る感じの機械)を使ってみました。
けっこう取れたのですが仕上がりがデコボコした感じになったので、
今週は電動カンナを使っています。

DSC_1458.jpg
(右手で持っているグリーンの機械が電動カンナです)

さすがカンナ!
素人仕事とは思えないくらい滑らかになりました。

でもカンナをかけられるのは平面部分だけです。
模様のようになっている箇所は手作業しかないのですが、
全部木肌が見えるようにきれいにするとアンティークらしさがなくなる!
なのでこのままでいい!
ということにしました(無理やりです・・・)。

もし今後、
塗装剥がしにチャレンジする予定のある方は、
アドバイスできることがあると思いますのでHPからお問合せくださいませ!
(そんな人はいないだろとわかって書いています。
でもDIYの知識として蓄積した物を誰かに伝えたいおもいはあります)

長かったリフォームもどうにか終わりそうです。
主人には心から感謝しています。
お疲れ様でした!























続きを読む
posted by momo at 16:52| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ランキングに参加してます ポチっとしていただけるとうれしいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ にほんブログ村