2019年08月10日

フランス出身の男の子が仲間入りしました


ブリーダーをやっていると常に新しい血統を入れる可能性を探ることになります。

女の子は出産があるので、国内の親しくしているキャッテリーさんに両親猫の情報を詳しく聞き、
希望に添った子が生まれたときに譲っていただくことにしています。

とはいえ、国内で熱心にブリードに取り組んでいるキャッテリーから譲ってもらうのは、
親しくなり互いに協力し合う関係にならないと難しく、いつも頭を悩ませています。

男の子はずっと入れたくて、
ジュセッペの輸入の際お世話になったガトーアズルのクリスティーナさんに頼んでいますが、
私が希望する血統(ジュセッペの出身キャッテリーの血統の子がほしい)からなかなかこれといった子が生まれず、
今も良い知らせを待っている状態です。



ウィ子・乙女・オルフェのお相手を探さなければいけないし、

DSC_4153.jpg
(ウィ子)

DSC_4140.jpg
(乙女)

DSC_4152.jpg
(オルフェ)

お知らせする機会を探しているうちにこんなに大きくなったこの子にも、お相手が必要です。

DSC_4144.jpg

この子は2月生まれのピノ子です。
パパはジュセッペ、ママはノンちゃん。
いつもゴロゴロいってる気立ての良い子です。

お相手が必要な子が4匹もいるのに、男の子がいな〜い!!
どうする?!
どうするってんだ〜?!!

そんな困った状態の時知り合った方がいて、
娘さんがフランスに留学していて、フランスのブリーダーからシャルトリューの男の子と女の子を迎えて今一緒に暮らしている。
そのシャルのペアとともにもうすぐ帰国する、というグッド・グッドな情報がっ!

「そっ、その男の子と女の子は、
こっ、交配するんですか!?」

から始まるやりとりがあり、少し前にめでたくその方のおうちで生まれた男の子をお迎えしました。
名前はポンポン(Pompon)。

ポンポンという名前は2年前にグーグーとミクちゃんの仔猫をお迎えしたオーナー様が付けた名前ですが、
当時から可愛い名前だな〜と思っていて、今回つけさせてもらいました。
キャッテリー名が違うので同じ名前でも問題はありません。

生まれたのは日本ですが両親はフランスの猫なので『フランス出身のポンポン』ということでよろしくお願いします。

DSC_4100.jpg

ポンポンはミッチと一緒の部屋にいます。
初めて会ったとき、ポンポンがミッチに小さく「シャ〜」をするもミッチは全く意に介さず、
2匹はすぐに仲良くなりました。

DSC_4119.jpg

DSC_4122.jpg

ミッチもポンポンもなんて良い子なのっ!

ポンポンはもうすぐ3ヶ月。
パパになるにはまだまだ時間が必要ですが、
来年の今頃には、良いご報告ができたら嬉しいです。


posted by momo at 17:28| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新しい男の子のお迎え、おめでとうございます‼️これで、モモママさんの所の美少女たちの血を残すことが出来ますね✨ミッチ君は可愛いだけでなく優しい良い子ですね!ポンポン、早くカッコイイパパになれるよう頑張ってね!うちのパンパンは結弦にぃにゃんと暴れまわってます♥️
Posted by ゆづママ at 2019年08月10日 19:43
ゆづママさま

ミッチは本当に良い子です。
ポンポンもおおらかな性格で、2匹の相性はバッチリです。
Posted by モモママ at 2019年08月15日 02:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングに参加してます ポチっとしていただけるとうれしいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ にほんブログ村