2019年11月10日

福田豊文さん撮影のオルフェとポンポンの写真

10月末のTICAキャットショーで、
カメラマンの福田さんに撮影していただいたオルフェとポンポンの画像が届いたのでご紹介します。

バックの色は紫にしてみました。
グレーの毛色が紫に映えるかな、と思って。。。

最初はオルフェです。
オルフェはカナダから来たグーグーとウィ子の娘です。
(ウィ子はジュセッペとヒロロの娘)
今10ヶ月の女の子です。

_V0I0213.JPG

_V0I0224.JPG

_V0I0233.JPG

続いてポンポンの画像です。
ポンポンは両親ともにフランス外産の猫です。
両親の親元キャッテリーの猫たちは、
ルーフというヨーロッパの団体のショーで活躍しているとブリーダーさんから聞きました。
ポンポンはもうすぐ6ヶ月になる男の子です。

_V0I0311.JPG

_V0I0401.JPG

_V0I0317.JPG

オルフェとポンポンを比べると、
同じ猫種なのにずいぶん雰囲気が違うと感じるのではないでしょうか。

オルフェはグーグー・ジュセッペという、アメリカのシャルトリューの血を引いていて、
ポンポンはフランスのシャルトリューの血を引いているからだと思います。

シャルトリューは国内にいる猫の数が少ないので、
血統が離れているポンポンをキャッテリーに迎えられたことはラッキーでした。

ポンポンを快く譲ってくださったブリーダーさんに感謝しています。
posted by momo at 01:31| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

『ほのぼの子ねこカレンダー』でおなじみの福田カメラマンの撮影

オレオベビーは今日、カメラマンの福田さんに撮影していただきました。
福田奥様の猫じゃらし使いは相変わらず素晴らしく、
子猫たちはお昼寝するのも忘れ大はしゃぎでした。

このところボケボケ写真ばかりの私ですが、めげずに福田さんの隣で撮ってみました。
思ったとおりひどいです・・・。
でも子猫は生き生きしてて可愛いのでどうぞご覧くださいね。

これは茶色くん。
DSC_4341.JPG

黄色くんとどなたか・・・。
DSC_4331.JPG
紫くんと黄色くん。
DSC_4333.JPG

黄色くんのオーナー様が見学の時に「黄色くんのお友達」として置いていった、
ぬいぐるみの『くたくた猫ちゃん(正確な名前を聞きましたが忘れてしまいました)も撮影のお供として参加しました。

DSC_4348.JPG

仲良しのお二人です!
でも残念なことに一緒に写っている子は黄色くんではありません。

福田さんはちゃんと撮ってくださっていたので、黄色くんのオーナー様はご心配なく。

キャットショーで撮影してもらったオルフェとポンポンの画像も今日いただいたので、
近いうちにご紹介させていただきます。
posted by momo at 00:16| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月29日

TICA・TCCキャットショー

27日の日曜日、
ポンポンとオルフェはTICA・東京キャットクラブ(TCC)のキャットショーに参加しました。
参加した猫の数は100頭、海外から4名のジャッジもいらした40周年記念のショーでした。

ポンポンはキツン(子猫)クラス、オルフェはキャッツ(成猫)クラスへ参加しました。
午前・午後併せて10回審査があり、猫もニンゲンもグッタリな一日でした。

でもポンポンもオルフェもよく我慢して頑張ってくれました。
ポンポンは残念ながらファイナル(最終審査)に残ることはできませんでしたが、
オルフェは短毛種のみの審査で3位に、

DSC_4297.JPG

長毛・短毛併せての審査でも何回かファイナルに残ることができました。

審査の様子はこんな感じ。
持ち上げられたり、

DSC_4293.JPG

いろんなところを触られたり、
(画像はポンポン)
DSC_4286.JPG

(オルフェ)
DSC_4292.JPG

シャ〜はしないけど、こ〜んなイカ耳になり、
(ポンポン)
DSC_4285.JPG

眉間には深い縦皺が・・・。
(ポンポン)
DSC_4284.JPG

ポンポン・オルフェ、本当にお疲れ様でした。

キャットショーではプロのカメラマンの撮影があることが多いのですが、
今回は『ほのぼの子猫』のカレンダーでもおなじみの福田さんでした。

写真撮影が1番の目的だったので、以前のミッチの時のように審査の前に撮影してもらい、
良い表情を撮ってもらえたと思います。

仔猫が生まれていたら撮影してくださるとのことだったので、オレオベビーの撮影のお約束もできて良かったです。
福田さんは写真を印刷してくださるので、オーナー様にもお送りできると思います。

オレオベビーの紫くん・茶色くん・薄ピンクくんはオーナー様を募集しています。
それぞれの画像は近日中に必ずアップしたいと思っています。









posted by momo at 01:46| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

オレオベビーの成長&ユリアベビーの誕生

オレオベビーは生後40日。
お皿から上手に離乳食を食べ、

DSC_4249.JPG

DSC_4250.JPG

ウンチもオシッコもトイレで失敗なくできています。

DSC_4248.JPG

ドライフードも、ロイヤルカナン(ベビー)・ニュートロ(キトン)・オリジン(ツンドラ)のどれも食べられるようになりました。

毎日ママや兄弟と元気に過ごしています。

DSC_4252.JPG

DSC_4253.JPG

DSC_4254.JPG

DSC_4264.JPG

DSC_4271.JPG

そんな日々の中、
ユリアが先週の金曜日(10月11日)に3匹の子猫を産みました。
男の子1匹・女の子2匹です。

DSC_4278.JPG

以前のブログでお知らせしたように、今回のお相手は他のキャッテリーの男の子なので、
生まれた女の子はうちのどの子とも交配できる貴重な子です。
ですので女の子はキャッテリーに残すことにしました。

ユリアベビーたちも順調に成長中です。

・濃いピンク(男の子)
出生時 118g  本日 293g

・黄色(女の子)
    122g           254g

・水色(女の子)
     96g    201g


ユリアベビーがいる部屋には、ユリアの娘の乙女もいますが、
先日グーグーと交配し、妊娠が確認できました。

今 ユリアの子育てを見て、ママになる心の準備をしているようです。

DSC_4281.JPG






posted by momo at 22:45| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月05日

子猫の離乳食&オーナー様募集

オレオベビー、生後26日になりました。

5日前の夜、オレオママのウェットフードのお皿に顔を突っ込んで食べ始めた子がいたので、
ちょっと早いかな〜とも思ったのですが、離乳食始めてみました。

離乳食はこれらの物を混ぜて作ります。

DSC_4212.jpg

・アニモンダのベビーパテ
・山羊ミルク
・BACK TO BASICSのバリアサプリ

バリアサプリは今回初めて使います。
ポンポンの親元さんからのご紹介で、免疫力・腸内環境をサポートするサプリメントです。
ポンポンはとても胃腸が丈夫な子なので、オレオベビーにも良い効果があらわれてくれるよう願っています。

仔猫は抱っこして口の中に入れてあげるとどの子も食べますが、私としてはお皿から食べてほしい!
そう、この子のように。

DSC_4219.jpg

お皿から食べてくれるようになれば、今のベッタベタでグッチャグチャな日々から解放されます。
一日も早くその日が来てくれる事を夢見て、ベタベタを拭き取る日々です。



さて、6匹兄弟のオレオベビーですが3匹の子は新しいおうちが決まりました。
唯一の女の子・濃いピンクちゃんは愛知県に。
男の子の黄色くんは山形県に。
水色くんは東京に、それぞれお迎えいただきます。

お忙しいところ子猫に会いに来てくださったオーナー様、どうもありがとうございました。
お迎えいただく日まで、オレオママといっしょに大切に育てていきますのでご安心ください。

そして、まだおうちが決まっていない3匹の男の子のオーナー様を募集いたします。
まずは紫くん。

DSC_4225.jpg
激しくぶれた画像です・・・。

DSC_4226.jpg

DSC_4224.jpg

続きまして、ゴムなしくん改め茶色くん。

DSC_4235.jpg

DSC_4222.jpg

最後は、薄ピンクくん。

DSC_4245.jpg

DSC_4243.jpg

ブレブレ顔だったりヘンテコ顔だったりなので、後日再トライする予定です。

HPのインフォメーションをお読みになり、ご納得いただけましたらお問い合わせください。

譲渡価格はお問い合わせ時にご案内いたします。

posted by momo at 00:21| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

オレオベビー、6匹兄弟で誕生しました

妊娠していたオレオちゃんが、9月10日夜に6匹の子猫を生みました。

陣痛微弱のため近隣の医療センターで帝王切開してもらい、
オレオちゃんのおなかの傷は痛々しいのですが、母子ともに元気です。

DSC_4178.JPG

猫は犬に比べて難産が少なく帝王切開にはめったにならないと、病院でも言われ本にも書いてありますが、
そうなのかな〜・・・。

とにかく、オレオちゃんは子猫の面倒をかいがいしくみています。
6匹もいるのでオッパイが足りないようで、私が哺乳していますが、
子猫は元気いっぱいでグイグイとミルクを飲んでくれます。

ミルクで育てた子猫は3年前のドメニコとミッチ以来なのですが、
あのときと比べると悲壮感がない分ずいぶんと楽です。

子猫は男の子5匹、女の子1匹です。
男の子は水色くん・紫くん・薄ピンクくん・黄色くん・ゴムなしくん。
女の子は濃いピンクちゃんです。

DSC_4191.JPG

DSC_4198.JPG

DSC_4195.JPG

出産もどうにか無事に終わったので、子猫のための冬支度をしました。

今 子猫が生活しているこのケージの、

DSC_4182.JPG

カバーを作りました。

DSC_4183.JPG

側面と背面を覆うキルティングのカバーです。
マルチカバーを利用したので裾の始末は必要なく、やり始めたらすぐにできあがったのですが、
意欲がダウン中(ずっとだよね・・・)なので取りかかるのに時間がかかってしまいました。

でもこれで、寒くなってもへっちゃらさっ!




6匹の子猫のパパはジュセッペです。
初めての組み合わせなのでどんな子に育つのか楽しみです。

女の子と男の子1匹は待ってくださっている方がいます。

今年こそ可愛いシャルの男の子をお迎えしよう!と思われた方は、是非お問い合わせくださいませ。
11月中旬以降にお迎えいただけます。

mercimomo@jcom.zaq.ne.jpからお気軽にどうぞ!










posted by momo at 01:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

シャルトリューの仔猫の出産情報と外交配(そとこうはい)について思うこと

すでにお知らせしてありますように、9月上旬にオレオちゃんが出産予定です。
おなかはもうポンポンです。

DSC_4170.JPG

エコー検査では3匹の仔猫の存在が確認されていますので、多分その数以上の子猫が生まれてくれると思います。

オレオちゃんは初産なので日々大きくなるおなかが不思議らしく、
毎日私に「おかぁさん、あたしのおなかがドンドンドンドン膨れていくのよ〜!」と訴えてきてましたが、
この頃はそんなおなかにも慣れたようで、お気に入りの場所でゆったり寛ぎ出産に備えています。

今週中には親元のブリーダーさんも会いに来て、オレオちゃんを励ましてくれることになっています。




オレオちゃんの出産から1ヶ月後の10月上旬には、すでにお産のベテランの風格が漂うユリアも出産予定です。

DSC_4173.JPG

今回のお相手はうちの男の子ではなく、知り合いのブリーダーさんのおうちの男の子です。
このような交配を『外交配(そとこうはい)』と呼びますが、
キャッテリーの男の子以外の血統が得られるので、とても意義のあることだと感じます。

今回のユリアのケースも女の子が生まれたら、ジュセッペ・グーグー・ミッチ・ポンポンのどの男の子とも交配できる貴重な子になります。

ユリアは1階の女の子部屋に娘の乙女とペットのノイちゃんと一緒に生活しています。
この部屋がユリアは落ち着くようなので、ここでゆっくり過ごしてもらっています。

外交配は信頼関係がないと決してできないことですので、その点はご理解ください。

以前、すでに飼育しているシャルの女の子に子猫を産ませたいので外交配してもらえませんか?というお問い合わせをいただいたことがありました。
そのときは少々びっくりしましたが、思い悩んだ末のお問い合わせだろうと思い、
うちではできない旨のお返事をしました。
もしどうしてもとお考えなら、猫を迎えた先の親元さんにご相談されるのが一番です、とも・・・。




ユリアのあとは、娘の乙女がお母さんになってくれたらな〜と期待しています。

DSC_4137.JPG
10月24日で1歳になるのでそろそろお年頃なのですが、どうなることやら・・・。
乙女はユリアとジュセッペの娘なので、グーグーとは交配できるのです。

子猫のお迎えをご検討の方は下記のアドレスからお問い合わせくださいませ。








posted by momo at 12:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月19日

2019年08月17日

マロンのこと。(子猫動画はのちほどアップします)

スキルゼロなのでブログに動画を貼れません。
後ほどアップさせていただきます。


チンチラのうめは、毎年私が毛玉の処理と暑さ対策のため毛をバシバシ切っています。
で、今年はこのようになりました。

DSC_4159.jpg

ボサボサで、うめ的には『不満がいっぱい』な事でしょうが、私的には大満足なできばえです。

うめの息子のマロンは、毎年動物病院でサマーカットにしてもらっていましたが、
今年はそれがかないませんでした。

マロンは6月23日の午後、腎不全のため亡くなりました。
9歳なのでまだまだ早いお別れでした。

これは全く私の注意不足が原因です。
様子がおかしいと受診したときにはすでに末期の状態で、余命を長らえさせる以外の方法はありませんでした。

マロンはうめが産んだ初めての仔猫でした。

CIMG3772.jpg

生まれたときは初春の寒い夜間で、
うめから離れてしまい力なく泣いているマロンに長男が気づき、
暖めてうめのもとに戻したのを昨日のことのように思い出します。

マロンが長男に1番なついていたのは、そんなことをなんとなく覚えていたからなのかもしれません。
結構きつい性格だったので『あ〜ぁ・・・』と思ったこともありましたが、
今晩が峠かも・・・という夜、いろいろなことを思い出しながら一緒に過ごしました。

腎不全は怖い病気ですね。
毎日点滴に通っていたので、やはり毎日来ている人と顔見知りになります。
猫をつれている人に聞くと、ほとんど腎不全のための点滴加療での通院でした。

早めに病気に気づいてあげられたらフードやお薬でコントロールも可能だったのでしょうが、
今は点滴を毎日あるいは数日おきにしないといけない猫ちゃんたちでした。

腎臓の数値は血液を採取する検査だけでなく、オシッコでもわかると獣医さんから聞きました。
オシッコなら猫にストレスを与えずに検査できるので、年1回の血液検査よりも年数回のオシッコ検査の方が腎不全には有効かと感じました。

23日という日は、ミッチやドメのママのイリスちゃんが亡くなった日でもあります。
この日を、空の上のマロンとイリスちゃんを思う日にしていきます。







posted by momo at 13:06| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

You Tubeにアップした子猫動画、ご覧ください

4月生まれの仔猫、
六つ子の中でダントツに大きく、新しいおうちが決まったのが最後で、お引っ越しが最初だった子を覚えていますか?

ピンポ〜ン!
そう、ピカソくんです。

DSC_3910.JPG

ピカソくんのママが動画を作ってくださいました。
音楽も文字も入り、私にはとても作れない素敵な動画です。

何よりお引っ越しから3日間のピカソくんの様子を撮影しているので、『こんな風におうちに馴染んでいったんだね〜』と感慨深く見せてもらいました。

ちょっと長いですが、ご覧いただけたら嬉しいです。

『シャルトリュー犬みたいな子猫』


posted by momo at 11:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ランキングに参加してます ポチっとしていただけるとうれしいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ にほんブログ村