2017年12月18日

シャネルちゃんのお引越しとノラミちゃん

土曜日にユリアベビーのシャネルちゃんはお引越しをして、
港区っ子になりました。

お兄ちゃんはお友達のお誕生日会への参加を断って、
おうちでシャネルちゃんを待ってくれてました。

一人っ子のシャネルちゃんはちょっとビビリなところがある子ですが、
お姉ちゃんもお兄ちゃんも優しい子なので、
きっとすぐに打ち解けて幸せに暮らしていくことと思います。

ご家族様、シャネルちゃんをどうぞよろしくお願いします。

シャネルsans-titre.png

シャネルちゃんのお引越しの日は、ここ数日では珍しく穏やかな暖かい日でした。

こんな日に、みんなに待たれてお引越しをするシャネルちゃんは幸せな子だなと、
そして今までキャッテリーから巣立って行った子たちもすべて、
ご家族様に喜びを持ってお迎えいただいた幸せな子だなと、
しみじみ感じたのでした。





実はシャネルちゃんのお引越しの2日前に、
私は公園で瀕死の野良猫を保護していました。

その日は北風がビュービュー吹きつけるとてもとても寒い日でした。
普段ならそんな寒い日に公園をウォーキングしようなんて思わないのに、
その日はなぜか出かけていったのです。
そしてベンチの下でその子を見つけました。

もう大人で白い毛の猫が、吹き付ける風の中グッタリ寝そべっていました。
一瞬死んでしまっているのかと思いました。

その子の横に、ドライフードが清潔なトレーに入れて置いてありました。
気にかけてごはんを持ってきてくれる人がいたのでしょう。
でも衰弱してフードを食べることも出来ず、
まさしく瀕死の状態でした。

ウチには生まれたばかりの仔猫がいるし、
何を持っているかわからない野良猫を家の中に入れることは出来ない。
でもこのままにしたら、この子は確実に死んでしまう。
どうしたらいいのだろう・・・。

考えがまとまらないまま、せめて風からその子を守るため、
車に積んである毛布をかけてあげようと駐車場に向かって歩いているうちに、
「やっぱり保護しよう」と決めていました。

ミルクボランティアをなさっているルルちゃんのママに相談して一緒に考えてもらったら、
何か手があるかもしれないし、
もしどうしようもなかったら、
主人の部屋(ミッチと寝ている部屋ではない)をその子の部屋にするという手もありかもしれない・・・。

そんなことをグルグルと考えながらかかりつけの動物病院に向かっていました。
その子の状態(体調も汚れも何もかも)はとてもひどかったので、
電話を入れておきました。
ここまでひどい状態の子を診るのは初めてだと先生もビックリしていましたが、
やれることはやってみます、と言ってくれました。

体内からひどくウミが出ているので、多分子宮蓄膿症だろうという診断で、
状態が落ち着いて手術可能な状態になったらおなかを開いてみることになり、
その日から入院となりました。

次の日、手術できそうだという連絡を受け病院に行き、
同意書に猫の名前を書く際に「ノラミ」と書いていました。
その日から保護した猫はノラミちゃんになりました。

ノラミちゃんが5歳だということと、
1年ほど前になにかの傷が原因でシッポが壊死してしまい、
公園に来ているおじさんたちが病院に連れて行って手術を受けさせたということが、
次の日公園で数人の人に聞いてわかりました。

ノラミちゃんは寒い冬を5回も耐えたんだね・・・。
シッポも痛かったね・・・。

金曜日に手術することが出来ましたが、
長い間の野良生活で体はボロボロで、今も全く予断を許さない状態が続いています。
結局大量に出ていたウミは子宮からではなく膀胱からでした。

外で暮らすということは本当に過酷なんですね。
今後快方に向かってくれるのかはノラミちゃんの回復力に委ねるしかありませんが、
毎日祈っています。
ルルちゃんのママもミルウくんのママも祈ってくれています。

ノラミちゃん頑張ってね。












posted by momo at 00:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月11日

「猫じゃん!!」

豊橋で暮らしているジュセとはるひの娘のレナちゃんは、
被り物や着物を着こなす『おしゃれこニャンコ』ちゃんだったのですが、
近頃は『お散歩ニャンコ』の顔も持つようになりました。

レナIMG_1693.JPG

女の子ですがジュセそっくりの立派なホッペを持つレナちゃんは、
朝晩のお散歩を楽しみにしています。

野良猫ちゃんのお友達も出来たそうで、
毎日楽しそうに、
ママがバテちゃうくらい元気にグイグイとお散歩をしているようです。

レナIMG_1697.JPG

そんなレナちゃんはワンコのお散歩をしている方から、
「ふ〜ん、小型のグレーの犬ね、ちょっと珍しいわねぇ〜」とチラ見ですれちがいつつ、
「えっ、え・え〜、猫じゃん!!」とびっくりされることがしばしばなんだとか(プッ)。

レナちゃんのお兄ちゃんにあたる福島のジャックくんもお散歩ニャンコなのですが、
先日お日様が出たのでママが外に出したところ、
「寒い寒い。お外はもういいから中に入ろう!」
とサッサとおうちに戻り、
こ〜んな姿でヌクヌクしてたそうです。

ジャック!cid_image003_jpg@01D36EDB.jpg
「やっぱりおうちの中が一番さ!」(byジャック)

そんなこと言ってるジャックくんも、
暖かくなればお散歩大好きっ子に戻るのでしょうね。

さてさて、ジャックくんとレナちゃんに続くお散歩猫ちゃんは現れるのでしょうか?!
ちょっと楽しみです!






posted by momo at 21:43| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月06日

ミクベビー、目が開きました(ブスだよ!)

生後13日になったミクベビーたち、
目が開きました。
今までの仔猫とおんなじに、とってもブスです(プっ)。

DSC_2071.jpg

笑わないでニャン、と言ってます。

DSC_2078.jpg

DSC_2089.jpg

今がどんなにブスでも、パッチリお目目が開けばすごーく可愛いんですよ、きっとね!

DSC_2097.jpg

DSC_2098.jpg
歩く気もマンマンです

みんな元気に大きくなーれ!!



posted by momo at 21:15| Comment(8) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

週末の過ごし方

よく見学のお客様に、
「猫ちゃんがたくさんいると毎日幸せですね。
でも旅行にはなかなかいけないでしょう?」と聞かれます。

そうですね。
猫たちのお世話のほかに出産もあるので、
確かに旅行へは行けないですね。

でもご心配には及びません。
私はバリバリのインドア派。
旅行に行きたいとは思わないんです。
「え〜、信じられない!」と何度言われたことか・・・。

私が好きなのは、
車でチャっと行って、その辺でごはんを食べ、その辺をブラブラして、
家に帰りゆっくりするすること、
なんて安上がりなんでしょう。

そんな私の『近頃のお気に入りな週末の過ごし方』は、
星乃珈琲のモーニングを食べ、近くの大き目の公園に行ってイベントを見物し、
公園内をウォーキングするというもの。

星乃珈琲のモーニングは「フレンチモーニング」がお気に入りです。

hoshino-coffee-blog20170730-101[1].jpg

これにコーヒーが付いて600円(だった気がする)。

公園のイベントはドッグショートかもあるけれど、フリマが開催されていることが多いので、
見て歩くのも楽しいです。

先日は手作り雑貨のブースでクリスマス飾りを買いました。

DSC_1997.jpg

オマケでもらった『G』も一緒にジュセッペの部屋に飾っています。
(ジュセッペの英語表記は Giuseppe なので)

この飾りがいつも部屋の床に転がっている事から想像するに、
ジュセッペはこれが大好きで、いつも振り回して遊んでいるようです。

最近この飾りのほかにもジュセの部屋に増えたものといえば、これ。

DSC_1968.jpg

せっかく小鳥がいるのに、ジュセは全く興味を示しません。
高いところにいるからね・・・。

DSC_1967.jpg

ミクベビーは明日かあさってには目が開きそうです。
開いたらご紹介いたします!












posted by momo at 21:32| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

ミッチ、パパになる!

毎日こーんなふうに気ままに過ごしているミッチですが、

DSC_2038.jpg

DSC_2049.jpg

DSC_2046.jpg

この度めでたくパパになりました!
「あら まぁ ナナちゃん、幼な妻(今この言葉って存在する?)じゃーないの!」

って、ちがうんです。

お相手はミクちゃん。
ミクちゃんは6月にグーグーの仔猫を産んでいるので、
早すぎる2回目の出産です。

管理不足は重々わかっています・・・。
ミクちゃんとミクちゃんの親元さんには本当に申し訳ない気持ちでいます。
ごめんなさい。

出産は11月23日でした。
ミクちゃんは今回も5匹の元気な仔猫を生んでくれました。
5匹とも男の子。
100~110gで生まれて、今日の体重は195~220g。
オッパイも充分出ていてどの子もコロコロに太っています。

DSC_2013.jpg

DSC_2017.jpg

DSC_2019.jpg

ケージから出して仔猫だけ撮影してみました。

DSC_2028.jpg

「アタシの仔猫ちゃんをどうする気?!」

DSC_2032.jpg

と、すぐにミクママがやって来たのでケージに戻しました。

あと少ししたら目も開きそうです。
そうしたらミッチパパにも会いに行こうね。

もう一匹のミッチのお嫁さん候補のノンちゃん(3ヶ月)は、
ナナちゃんに負けないお転婆さん。

キャットタワーのてっぺんが定位置です。

DSC_2005.jpg

DSC_2004.jpg

ノンちゃんもまだミッチに会っていません。
良い時機に一度ご対面してみようね!









posted by momo at 22:55| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月22日

今年も残り僅かになりましたが、Nから始まる名前のご紹介です

今年も残すところ40日ほどになりましたが、
まだこれから産まれる仔猫ちゃんもいるかもしれないし、

ということでNから始まる名前をいくつかご紹介します。

もうすでにご存知の方もたくさんいらっしゃると思いますが、
一応説明させていただくと、

シャルトリューには生まれた年によりアルファベットの1字が指定され、
仔猫の誕生年のアルファベットで始まる名前をつける習慣があるとのことです。

すべてのアルファベットを使うわけではなく、
K,Q,W,X,Y,Zは除くとされています。
その理由は、機会があったらご存知の方に聞いてみてお知らせいたしますね。
この方法はシャルトリューだけでなく、ヨーロッパで猫の名前をつける際に使われると聞いたこともあります。
その法則でいくと、今年はNから始まる名前となるわけなんです。

少し前にミルウくんのママと話していた時名前の話になり、
ミルウくんは日本語で言うとどんな意味になるのか聞いてみたら、
『ちょっと古臭い名前で、日本語ならミケやタマってところ』と教えてもらいました。

image1.JPG
(いきだおれのミルウくん、あるいはタマ)

ミルウくんのママはフランスにお住まいになっていたこともあるとのことで、
それならと、今年のNから始まるフランス語の名前を聞いてみたところ、
いくつか教えてもらいました。
スペルも教えてくださるそうなので、気に入った名前があったら是非ご利用ください。

・男の子名
ニコル・ニコラ・ナポレオン・ナタン・ノア・ノエ

・女の子名
ニコル・ナタリ・ニーナ・ニコレット・ナディーヌ・ノラ

この名前シリーズは来年も続く予定です。
来年はOから始まる名前になりますので、また教えてもらってご案内できたらと思っています。

ユリアベビーはオーナーさまご熟考の結果『シャネル』ちゃんとなりました。
Nから始まる名前にこだわりたい気持ちもあったそうですが、
スペルにNも入っているし、ということで決定したそうです。

そのシャネルちゃんは1度も失敗することなく(私がトレーニングしたわけでもなく・・・)
トイレを完璧に使いこなしています。
お利口ちゃんです。
今のお気に入りのオモチャは、

DSC_1958.jpg

ガムテの丸まったの、という庶民派・・・。
今はウチにいるからね。
これでお引越しをしたらお上品ニャンコになるはずなのでどうぞご心配なく、オーナーさま。



・・・・・おまけ・・・・・

最近のグーグー

DSC_1920.jpg

DSC_1925.jpg

私はグーグー部屋に居候しています。
グーグーは寝るときいつも、グルグルいいながら私の顔をザ〜リザリと愛情こめて舐めてくれます。

猫同士舐めあっている姿を見ると とっても気持ちよさそうですよね。
でもそれは多分毛皮で守られているからだと思います。

もしかしたらニンゲンでもピッチピチのお肌の人だったら
「痛気持ちいい〜!」ってことになるかもしれませんが、
こちとらガッピガピのモロモロ肌。
ザ〜リザリ舐められると痛くてたまりません。

布団のなかで寝るまでの間好きな本を読むのは至福のひと時で、
一日で一番好きな時間だったのですが、
今ではグーグーとの攻防戦でそれどころじゃない時間になってます。

というわけで、ちょっと悲しい居候なのでした。















posted by momo at 16:02| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

こいもちゃんのモデルデビュー

こいもちゃんは4月生まれのジュセッペとはるひの娘です。
以前のブログではこんなヘン顔のアップをしてしまいましたが、

こいも20170723_1.JPG

本当はこんなにかわい子ちゃんです。

こいもIMG_2373.JPG

しかも、
洗濯機を身を呈して守っている家事上手な子でもあるんです!!
洗濯機を何から守っているかというと、
「そんなの決まってるニャン。
お洗濯のルール(白い物と色物を分けるっていうアレね)を守らないヒトには
使わせることは出来ないニャン(キリっ)」
なんだそうです。

そんなしっかり者のこいもちゃん、先日モデルにゃんこデビューをしました。

ママのご友人のスタイリストさんからのご依頼だそうで、
こいもちゃんはウォーキングもポージングも完璧だったようですよ。

モデルデビューIMG_2388こいも.jpg

う〜ん、さすがにおフランスにゃんこ。
外人モデルさん(これって差別用語?)にも少しも負けてませんね〜。
これをきっかけに世界をまたに駆けるモデルにゃんこになったらどうしましょ?!




posted by momo at 18:18| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月13日

最近のユリアベビーとワクチネーションについて

ユリアベビーは土曜日、オーナー様予定のご家族とご対面しました。
仲良し4人家族のパパは、フランスの方です。
『シャルトリュー』を本場の発音で言ってもらい感激しました(ミーハーなので・・・)。

ユリアベビーは、もう高いところにもツメを引っ掛けて「ふんむっ!」とのぼれるし、
おりる時はジャンプして「どんなもんだ!」という感じでラクラクおりるようになりました。
なのでこのごろはケージよりソファーにいることが多いです。

DSC_1878.jpg

DSC_1890.jpg

DSC_1910.jpg

DSC_1913.jpg

DSC_1916.jpg

一人っ子だからかママの近くにいることが多いように思います。

DSC_1914.jpg

DSC_1904.jpg

ユリアベビーをお迎えくださるオーナー様は、
仔猫が生まれた連絡を受けてからお迎えに向けて準備してくださっていました。
主治医となる獣医師にワクチン接種について相談していて、新しい知識もご存知でした。

オーナー様が獣医師から聞いたワクチン接種の方法は、
赤坂動物病院の石田先生が会長を勤めている「日本臨床獣医学フォーラム」が推奨している方法でした。

これについて『ネコガイド 岩田麻実子』さんがわかりやすい文章にしてくださっているのを見つけたので、
興味がある方はご覧ください。
(2014年に書かれたものです)

『どんなワクチンをどう打つのが一番効果的なのか?』という記事の中に、
「理想的なワクチネーションとして生後8週、11週、14週、  1歳、4歳、7歳と接種し、  
その3年後の10歳で接種するかどうかは、
そのときの猫の環境、健康状態などを主治医の先生と納得できるまで話し合って決めてください」
とあります。
「若い時にきちんとワクチネーションが出来ていれば、高齢になっても免疫は保たれているはず」
なのだそうです。




今後は、ワクチンは年に1回必ず接種するものから変わっていくのでしょうか?
ただ主治医となる獣医師の考え方もあるので、きちんと話し合うことが大切ですよね。

夏にお引越しした「フクちゃん」は赤坂動物病院の石田先生が主治医なので、
このやり方のワクチン接種をしました。

大切なのは、生まれた年の最適な時期に3回接種することのようです。
あまり早い時期に1回目の接種が行われると接種した意味がなくなる、
とウチのかかりつけ医が言っていました。

主治医となる獣医師とよく相談して、
効果的で無駄のないワクチネーションをしてあげたいものですね。



・・・・・おまけ・・・・・

ジュセッペとユリアの初めての仔猫として生まれたリブちゃんが、
坂東寛司さんの「週めくりカレンダー」4月4週に掲載されました。

DSC_1917.jpg

リブ:うるうるシャルトリュー
とコメントしてありますが、うるうるしたまんまるお目目がとってもかわいいですね。

リブちゃんのおうちではどの週もこの写真が貼りかえられて、
1年中リブちゃんのうるうる顔が壁を飾るとのことです!

ジュセッペとはるひの初めての一人娘として生まれたジルちゃんも、
今年もまたカレンダーに掲載されましたよ。

ジルP8270063.JPG

こちらのカレンダーは、
THE CAT ALL-STAR calenderです。

リブちゃんママ、ジルちゃんママ、お知らせくださいましてありがとうございました。













posted by momo at 21:17| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

仔猫ちゃん 大きくなりました。そしてこの子は誰だ〜?

ユリアベビー順調に成長中です。

DSC_1778.JPG

DSC_1789.JPG

暖かい日中はケージをでて部屋をトコトコ歩いたり、
ママのおしりに寄り添って(プッ)ネンネしたりしています。

DSC_1838.jpg

でも夜は自分からちゃ〜んと温かいケージに入っていくんですよ。
結構しっかり者です。

来週の土曜日にはオーナーさま予定のご家族とご対面する予定になっています。
運命の赤い糸で結ばれていたらいいね!
さて、この仔猫ちゃんのおしりが気になって仕方ない子がいるようですが・・・。

DSC_1821.jpg

DSC_1823.jpg

DSC_1826.jpg

この子は、
ナナちゃんの親元さんから譲っていただいた ミッチのお嫁さん候補のノンちゃんです。
ナナちゃんに負けない活発な子で、
走り回っているか仔猫のおしりをクンクンしているか、
とにかくじっとしていないので写真もブレブレですが、
どうにか撮れた1枚です。
(ツメトギがボロいぞ・・・)

DSC_1803.jpg

ノンちゃんのママはフランスからやってきた美人ニャンコ。
ノンちゃんもママに似てカッパーの目色がきれいな子です。
只今生後2ヶ月ちょっと。

ミッチとはまだ会っていません。
仲良くなれるかな〜?
ドキドキ。











posted by momo at 16:36| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

猫ちゃん部屋のインテリア

「アニマルヘッド」というものをご存知ですか?
最近インテリアとして話題というか、好きな人は好きなようです。

昔親戚の叔父さんの家とかに、
鹿の剥製などが(全身ではなく首から上部分)飾ってありませんでしたか?

あれは叔父さん(あるいは叔父さんのお友達)が鹿をハンティングして、
その首を剥製にして記念として飾ったものだと思います。
それらは「ハンティングトロフィー」と呼ばれるようです。

このような剥製の動物をモチーフにして
、壁に飾れるように作った縫いぐるみを「アニマルトロフィー」または「アニマルヘッド」と呼ぶそうです。

9e87ef1aae667dc50fa20d675fbd9ae84f46c060-600x600[1].jpg

これはけっこうリアルですね(縫いぐるみではないし)

imgrc0063174740[1].jpg

暗闇で見たらビビるかもしれないアニマルヘッド。
飾り方としてはこんな感じ。

imgrc0063174742[1].jpg

いろいろな種類のアニマルヘッド。

imgrc0066002239[1].jpg

壁への取り付けは、画鋲でOKです。

ここからだんだん可愛くなりますよ!

WS012@1[1].jpg

WS023B1[1].jpg

きわめつけ!

1_65aaafa44e8d728e0e6016ee64c855ca3da6fa3b_583x585[1].jpg

すごく可愛いでしょ?!!
私はリアル系より可愛い系が好きなのですが、
可愛すぎてリビングには飾れないので、
猫部屋に取り付けました。

まずは『ギラギラしているジュセッペ』の部屋。

DSC_1760.JPG

フラミンゴです。

DSC_1758.JPG

フレームに入れてみました。

続いて仔猫部屋には、

DSC_1772.jpg

DSC_1771.jpg

トナカイを。
これは装飾が少なく素っ気なかったので首周りのフリルを付け足しました。
もとはこんな感じでした。

DSC_1702.jpg

猫部屋が可愛くなって大満足な私です。
猫たちはどうでもいいって言ってますが・・・。












posted by momo at 01:39| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ランキングに参加してます ポチっとしていただけるとうれしいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ にほんブログ村