2019年07月10日

シャルトリューの長毛種を Benedictine(ベネディクティン)と呼ぶのかGato Azul(ガトーアズル)のクリスティーナさんに聞いてみた

キャッテリーでは昨年末から長毛の仔猫が誕生しています。

DSC_3146.JPG

ご理解あるオーナー様にお迎えいただいていますが、
長毛の仔猫に新しいおうちを見つけるのはなかなか大変です。


DSC_3809.JPG

DSC_3805.JPG

私自身が長毛の仔猫についての理解が不十分で、交配に際し対策ができていなかったのも事実です。

今回反省を踏まえ、Giuseppeを譲り受ける際お世話になったアメリカのブリーダーGato Azul(ガトーアズル)のChistine Rosenfildさんに聞いてみました。

クリスティーナさんは、長い間シャルトリューのトップブリーダーとして素晴らしい猫を排出してきたJanvie(ジャンビエ)のMary Ann Sweetersさんと親しく、Mary Annさんが亡くなったあと彼女の猫を引き受けました。

Giuseppeを輸入する際にも全面的に協力してくれた人です。

giuseppe[1].jpg
Giuseppe(ジュセッペ)

クリスティーナさんに聞いたことは以下の2点です。
@なぜ長毛の仔猫が生まれるのか?
Aシャルトリューの長毛種はBenedictine(ベネディクティン)と呼ばれているのか?

@についてですが、
両親ともに長毛の因子を持っている場合に長毛の仔猫が生まれるそうです。

長毛の仔猫の父猫はグーグー、母猫はウィ子です。
今後はこの組み合わせの交配は、あえて長毛の子を産ませたい場合以外は行わないつもりです。

また長毛の因子を持つシャルトリューが存在する理由は、
戦争により絶滅の危機に陥ったとき、ブルーのペルシャとブルーのブリティシュショートヘアーと交配したことによるそうです。

Aについてですが、これはネットで得た情報でしたが、クリスさんの答えも「そう呼びます」とのことでした。
アメリカにはベネディクティンのブリーダーはいないけれど、ヨーロッパにはいるようです。

DSC_3925.JPG

DSC_3986.jpg

DSC_3929.JPG

ベネディクティン(あえて呼んでみる)の仔猫、フワフワでかわいいですよ〜。

posted by momo at 21:38| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月28日

ノリノリでシバキまくり?!

1匹だけ新しいおうちが決まらず、心なしか元気がなかったうすピンクくんですが、
先週の土曜日にお迎えが決まりました。
良かったね、薄ピンクくん!

DSC_3943.JPG

お名前ももう決まっていて『ピカソ』くんになります。

おうちが決まったピカソくんの気分はもうノリノリで、兄弟たちをシバキまくってます(プッ・・・)。

DSC_3953.JPG

DSC_3952.JPG

仔猫たちは1回目の予防接種も済ませ、ゆったりと毎日を過ごしています。

DSC_3962.JPG

DSC_3959.JPG

お迎えの日まで大切に育てていきますので、オーナー様たちどうぞご安心ください。

posted by momo at 17:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

薄ピンクくんのオーナー様募集します

4月24日生まれの六つ子たち、新しいおうちが決まり始めました。

男の子の水色くんは千葉県へ。

DSC_3917.JPG

女の子の濃いピンクちゃんはさいたま市にお引っ越し予定です。

DSC_3920.JPG

オレンジちゃん、紫ちゃん、黄色くんは今後順次オーナー様予定の方とご対面していくことになります。

DSC_3926.JPG

DSC_3929.JPG

DSC_3935.JPG

良いご縁となるよう願っています。



さて六つ子の中で一番大きくて元気いっぱいな薄ピンクくんだけ新しいおうちが決まっていません。
一番に決まる感じの子なのですが、なぜなのでしょう?
本ニャンも心なしか寂しげ・・・。

DSC_3910.JPG

体重は約800グラム。
ご飯もモリモリ食べています。

DSC_3913.JPG

かわいくて元気いっぱいな薄ピンクくんに是非会いにいらしてください。


ご連絡はキャッテリーメルシーモモのお問い合わせフォーム、またはy.mercimomo@gmail.comまでお気軽にどうぞ♥

posted by momo at 22:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

六つ子ちゃん、成長中

4月24日生まれの六つ子たちは生後27日になりました。

性別は男の子が3匹。

薄ピンク
DSC_3814.JPG

黄色
DSC_3813.JPG

水色
DSC_3846.JPG

女の子も3匹。

濃いピンク
DSC_3815.JPG

オレンジ
DSC_3833.JPG

紫です。
DSC_3838.JPG

オレンジと紫は他の子に比べて毛が長いです。
(お目々についているのは爪とぎ段ボールのカスかな?)
この子たちに関してはお譲りの際 価格を考慮いたします。

みんなスクスク成長中です。
ママだけでなくおばちゃんやおねえちゃん、ねえや1号・2号が代わる代わるお世話してくれるので
ばあや(私)は大助かり。
なのでばあやはリフォームに全力を注いでいます。

作業は職人さんにお任せで、私はプランニングだけ。
でもいろいろ決めるだけでもうグッタリです。

先日は玄関ホールから階段にかけての一面の壁のみを、柄のクロスに張り替えました。

DSC_3802.JPG

輸入クロスなので職人さんは嫌がりましたが、なんとかお願いして貼ってもらいました。
今、壁面の一部を柄のクロスで貼るのがマイブームなので、2階のトイレもそんな感じにしてみました。

DSC_3847.JPG

今後は猫がバリバリ爪とぎをしないような対策を考えなければいけないのですが、
何も思いつかない・・・。







posted by momo at 20:08| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月02日

TICAキャットショー&六つ子ちゃん

一日が早い、早すぎる・・・。
何もしないうちに今日も終わりそうです。

おっと、
そんなこと言ってないで、頑張って今からブログ更新します。

先週の日曜日、TICAのキャットショーに参加しました。
こぢんまりしていましたが、4名のジャッジが海外からいらしてくださったショーでした。

出陳したのは成猫クラスにオレオちゃん(10ヶ月)、
子猫クラスに乙女(6ヶ月)とオルフェ(4ヶ月)です。

3匹とも初めての経験ですが、最後まで機嫌良くしてくれ、良い評価をいただきました。
オレオちゃんはファイナル(最終審査)に5回残り、1回は短毛の部でベスト(1位)をいただきました。

DSC_3742.JPG

0[2].jpg
オレオちゃんの親元さんも出陳していたので、大きくのびのび成長した姿を見てとても喜んでくれました。



乙女はファイナルに6回残り、短毛の部のベストも2回頂きました。

DSC_3745.JPG

イギリス人のジャッジは乙女を気に入ってくれて「この子は私の猫よ!」と言ってました。

0[1].jpg



オルフェは7回ファイナルに残り、オールブリード(短毛長毛合わせての審査)で2回ベストを頂きました。

DSC_3744.JPG

0[3].jpg

このキャットショーを主催したクラブオーナーは海外のショーにも多数参加し、たくさんの猫を見てきていますが、
オルフェのことを「この子はかわいい」と褒めてくれました。


3匹ともよく頑張りました。
お疲れ様でした。


さてさて、続いては六つ子ちゃんについてです。
HPやブログでは次の出産は夏頃とお知らせしていましたが、4月24日に六つ子ちゃんが生まれています。

男の子3匹・女の子3匹、みんなスクスク成長中。

DSC_3724.JPG

お目々も開き始めました。

DSC_3718.JPG

DSC_3712.JPG

DSC_3710.JPG

DSC_3703.JPG
乙女やオルフェはお世話をしたがってもう大変。

DSC_3737.JPG

DSC_3734.JPG

ねえや1号・2号と呼んでます。

この仔猫たちは7月上旬にはお迎えいただけると思います。
かわいいシャルの仔猫を家族にお迎えしたいとお考えの方、
HPのお問い合わせフォーム、またはy.mercimomo@gmail.comまでご連絡ください。
譲渡価格はお問い合わせの際ご質問くださいね。

お迎えを決める前にキャッテリー見学をして、ご納得の上お迎えいただけたらと思います。
猫たち(仔猫だけでなく大人猫たちも)はどんな環境で生活しているのか、
愛情を注がれ幸せに暮らしているのか、
ご自分の目で確認していただけたら幸いです。

posted by momo at 23:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

仔猫のお迎え準備・キャッテリーで使っている物のご紹介

初めて仔猫と暮らすオーナーさまから、
「準備しておく物は何ですか?」「どの商品がお薦めですか?」というご質問を受けます。

今まではご見学や仔猫決めの際に、キャッテリーで使っている物をご覧頂きながら説明をしていましたが、
わかりやすくするため、HPに専用ページを作ることにしました。

今回ブログでもご紹介させていただきます。
これはあくまでキャッテリーで使っている物ということで、ご理解いただけますようお願いいたします。



@キャリーケース(仔猫を病院に連れて行くなどの移動する際に使います)

リッチェル キャンピングキャリーダブルドアMサイズ

imgrc0066512265[1].jpg
サイドだけでなく上も開くので猫の出し入れがしやすく、プラスチック製なので粗相した際も掃除が簡単です。
Sサイズもありますが大人になった時を考えるとMの方が良いと思います。



Aトイレ

『システムトイレ』
二層式でスノコ状になった上段に固まらないタイプの猫砂を入れ、下段にはオシッコを吸収するシートを敷いて使用します。
キャッテリーでは『デオトイレ』を使用していますが『ニャンともトイレ』も同じ仕組みです。

81F9wAKdlXL._AC_UL480_QL65_[1].jpg


砂はシステムトイレ用の物を使用します。

71jtr+TqA6L._AC_UL480_QL65_[1].jpg

システムトイレの良い点は、トイレ掃除が簡単なのとゴミが少ない点だと思います。
ただ、下痢になった場合は砂の総取り替えが必要になります。

そんなときは緩いウンチを包み込んでくれる固まるタイプの細かい砂を入れて使用する
『シンプルなたらい型トイレ』が良いと思います。
3460058871[1].jpg



猫はこのタイプの細かい砂が好きなように感じますが、使用のたびに周囲に散らばります。

8491335_3L1[1].jpg

そんな場合は『上から入るトイレ』が便利です。

1093103-01[1].jpg

トイレ感が少ないおしゃれなデザインなので、リビングルームにあっても違和感がありませんし砂も散らかりません。



B給水器

J977378_3L1[1].jpg



給水器はピュアクリスタルの商品も使いましたが、今はこちらのダッドウェイ製の給水器を使っています。
お手入れ時、タンクを本体から取り外せるのが便利です。



Cキャットタワー
キャッテリーではサンエルペットワールドの木製タワー『ガリッコシリーズ』を使用しています。

70726f647563742f32303135313231385f3739326564342e6a7067003132300000660066[1].jpg70726f647563742f303763636530373330392e6a7067003330300000660066[1].jpg

棚板の色(ナチュラル・ブラウン・ホワイト)・ロープの材質(綿・麻・ジュート麻)が選べる安心の国産製である上に、
コンパクトな物から多頭飼いにも対応する大きなタイプまでバリエーションも豊富です。



Dケージ
ケージはいつも閉じ込めておくのではなく、仔猫が安心できる場所として使うのが良いと思います。
キャッテリーではエクステイルの物を使っています。

aromainterior_yoseex400[1].jpg
E爪とぎ
キャットタワーでも爪を研ぎますが、段ボール製の爪とぎも大好きです。
消耗品なので手ごろな価格のもので良いと思います。

2610028760[1].jpgimgrc0077939468[1].jpg




F最後にキャッテリーで与えているフードです。

・ドライフードはロイヤルカナンのキトン、

package_1148[1].jpg
ニュートロナチュラルチョイスのキトン

10010004562358785344_1[1].jpg
オリジンのツンドラ

orijen_tundra_cat_head[1].jpg
の3種類を使っています。

・ウェットフードはアニモンダのフォムファインステンです。

shopping[4].png


以上、今キャッテリーで使っているものをご紹介しました。
参考にしていただけたら幸いです。






















posted by momo at 00:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

オルフェちゃんになった紫ちゃんとPから始まる名前について

体調が整わなかったためキャッテリーで生活していた紫ちゃんですが、
乙女ちゃんと仲良く(時に激しく!)遊び、いつでもぴったり寄り添っています。

DSC_3688.JPG

そんな姿を見ると、新しいオーナーさまを探すのはやめにしてキャッテリーに残すのもありかな・・・、と考えるようになりました。
いつまでも紫ちゃんと呼ぶのもアレなので名前をOrphe'e(オルフェ)ちゃんに決めました。

DSC_3672.JPG

オルフェちゃんのお父さんはグーグー、お母さんはウィ子です。
ジュセッペはおじいちゃんになり、ミッチはおじさんです。

オルフェちゃんをブリードメンバーに加えるには、新たな男の子を迎える必要があります。
今アメリカのブリーダーに男の子を頼んでいますが、うまく良い子が生まれてくれるといいのですが・・・。
期待しつつ心配でもある今日この頃です。

オルフェちゃんは昨年の12月生まれなので『O』から始まる名前をつけましたが、今年は『P』から始まる名前になります。
いつものようにミルウくんのママにいくつか名前を教えてもらったので、ご紹介します。
今年生まれる仔猫の名付けの参考になれば幸いです。

・Pから始まるフランス語の名前(男の子)
Paul(ポール)
Patrick(パトリック)
Patrice(パトリス)
Philippe(フィリップ)
Pierre(ピエール)
Piero(ピエロ)
Philibert(フィルベール)

・Pから始まるフランス語の名前(女の子)
Pauline(ポリーヌ)
Paula(ポーラ)
Pame'la(パメラ)
Paulette(ポレット)
Perrine(ペリーヌ)
Pierrette(ピエレット)

Pから始まる名前はあまりないそうで、名付けには苦労しそうですね。
また、ながくつしたのピッピという絵本がありますが、ピッピの響きははかわいいのですがが、オシッコの意味なのだそうですよ。

キャッテリーでの出産は、夏頃にジュセッペとオレオちゃんのペアを予定しています。




posted by momo at 19:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月24日

ミルウです。紙面デビューしちゃった!

リノベ雑誌『relife+(リライフプラス)』の巻頭ページに、
ミルウくんが載ってます。

DSC_3637.JPG

オーナーさん宅の取材時、ちゃっかり映り込んだんですけどね。

DSC_3629.JPG

雑誌的には、背景の圧倒的な量の本を見てほしいわけなのですが、
そこにグレーの猫がちょこんといるのもいい感じ。
文化的な背景により賢く良い子に見えるミルウくんなのでした。

ミルウくんはジュセッペとユリアの息子です。
のびのび育ち『この世に怖いものはない!』という男の子。

同じ両親の間に生まれた乙女ちゃん。
やはりこの世に怖いものはない様子です。

DSC_3640.JPG

DSC_3638.JPG

乙女ちゃんと一緒にいるこの子(右側がおとめちゃん)は、12月7日生まれのグーグーとウィ子の娘の紫ちゃん。
眠くてすごい顔してますが、とてもかわいい子です(信じて!)。

紫ちゃんはオーナーさまが決まっていたのですが、体調が整わないためしばらくうちで様子を見ることにしました。
ほかの兄弟たちはオーナーさまの元にお引っ越ししました。

ピンクくんはフィギュアスケートの羽生結弦くんの大ファンだというママにお迎えいただき、豊島区っ子になりました。
名前はもちろん結弦くん。
いつもはゆづくん♡と呼ばれています。

黄色くんはオゼくんというフランス語の「挑戦」を意味する名前をつけてもらい、品川区っ子になりました。
素晴らしい仔猫部屋が用意されている模様。
うらやましいぞ〜オゼくん。

水色くんは、ナナベビーのピンクちゃんと一緒に隣町狭山市にお迎えいただきました。
お兄ちゃんが2人いるおうちです。
今頃2人と2匹でおうちの中はすごいことになっているかも・・・。

水色くんはウィウィくん(ウィ子の息子なのでウィウィくん)、
ピンクちゃんはママの命名でおとひめちゃんになりました。

オーナーさま、この子たちを末永くよろしくお願いいたします。
ご心配なことがありましたらいつでもご相談ください。




posted by momo at 15:42| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

ドメニコ、シャナン氏に撮影してもらう

先月行われたCFAのリジョンショーに、ミッチの弟のドメニコが出陳しました。
目的はシャナン氏に撮影してもらうこと!

CFAナンバーがなかなか届かなかったり(CFAのショーにはナンバーが無いとと出陳できません)、
ショー当日は写真撮影まで長く待たされドメのご機嫌が悪くなったりと、
オーナーさまはハラハラドキドキだったのですが、無事に撮影してもらえました。

そして今日、シャナン氏の奥様から『フェイスブックにドメニコの写真を載せたのでご覧になってね!!』(多分このようなニュアンスだと思う)というメールがオーナーさまの元に届いたそうです。
(Chanan Photographyでシャナン氏のフェイスブックがご覧いただけます)

私も早速みてみました。

52583890_2395886040423637_527659564359745536_n[1].jpg

まぁステキ!!!

ドメのお父さんはジュセッペですが、
ジュセがシャナン氏に撮ってもらった写真もバックが紫でした。

giuseppe[1].jpg

オーナーさまはそれをご存じで、同じ色をバックに使ってもらったそうです。
こうして並べてみると当然ですがよく似ていますね。

ドメはお誕生日が来ると3歳になります。
もう立派な大人!
お尻もオトナ度を物語ってますね。

本当にいろいろ大変でしたが、とても良い記念になった事でしょう。
ドメもオーナーさまもお疲れ様でした。


posted by momo at 02:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

ピンクちゃんとウィ子べビーたち

先々週の日曜日の20日にナナベビーの黄色ちゃんが練馬区にお引っ越ししました。
名前は『音羽(おとは)』ちゃん。

ママは『おとちゃん〜♬』と呼んでいます。
おとちゃんはおうちにもすっかり慣れた様子で嬉しく思っています。
パパ・ママ、おとちゃんをよろしくお願いします。

因みに、私もお残ししたユリアベビーの乙女ちゃんを『おとちゃん』と呼んでいます♡



というわけで、ナナベビーはピンクちゃんだけになってしまいました。
ピンクちゃんはさぞかししょんぼりしているのじゃないかしら・・・、とご心配かと思います。


でも大丈夫!
ピンクちゃんはウィ子ベビーを引き連れ元気いっぱいです。

DSC_3535.JPG
(舐めてあげてるのがピンクちゃん)
こんな風に優しいお姉ちゃんの時もあれば、「オ〜ホッホッ!!チビたちおだまりっ!!!」と女王様の時もあり、
気まぐれな女の子ニャンコそのものです。

そんなピンクちゃんはウィ子ベビーの水色ちゃんと同じおうちの子になります。
水色くんは一番大きく生まれ、そのまますくすく育ち、ピンクちゃんよりも大きい?と感じるほどですが、
行動はそれはそれはお子ちゃま。

ナナベビー・ピンクちゃんとウィ子ベビーたちは、
一緒にいられる時間を愛おしむように毎日目一杯じゃれ合って過ごしています。


DSC_3511.JPG

DSC_3510.JPG

DSC_3497.JPG

DSC_3495.JPG

子猫をみていると「生きてるって ほんと たのしいね〜!!」と体中で表現していて、
みているこちらまで元気をもらえます。
今までたくさんの方に子猫をお迎えいただきましたが、
その子たちはオーナーさまに元気や笑顔を届けられていますか?

これからお迎え頂くこの子たちはどうでしょう?
きっとオーナーさまにたくさんの笑顔を届けられると信じ、お迎え頂くまでの日々を大切に育てていきますね。


posted by momo at 16:39| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
ランキングに参加してます ポチっとしていただけるとうれしいです
にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村 猫ブログ シャルトリューへ にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 猫 ブリーダーへ にほんブログ村
にほんブログ村 猫ブログ 子猫へ にほんブログ村